ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
  • WORKS
  • PEOPLE
  • COMPANY

最初のジュエリー。

技術部門では、デザイナーが描いたデザインを平面の画から、立体にする作業を行っています。ここで作られる「原型」と言われるジュエリーが、その後、量産をされていく手本としてマスターモデルになるため、実際の商品になった時の「着け心地」に加え、強度、耐久性など、細かな面にも配慮しながらカタチをつくります。このカタチによって金属の量や石の大きさも決まるため、価格にも大きな影響を与えるのも事実です。したがって、原型師と呼ばれる「ものづくり」のスペシャリストが、手作業で、ひとつ1つの金属を熱し、削り、組み合わせ、を繰り返し、どの角度から見ても美しく、ブランドイメージにも沿ったジュエリーをひとつ1つ生み出しています。またこの部門では、お客さまからのご要望を受けて刻印を行ったり、商品を長くご使用して頂くためのメンテナンスなども行っています。0.01ミリにまで、こだわる追求心と、正確なカタチを作れる技術力が、ブランドを支えています。

INTERVIEW

相原 直人 デザイン学科卒 / 2002年入社
一生をかけて、最高をつくる。
電車の中でおじいちゃんとおばあちゃんが、結婚指輪つけてるのを見たんです。しわしわの薬指に、くっつくようにはまっていた指輪。この人たちは、何十年これをつけているんだろう。そんな風に思ったのが、ジュエリーづくりを志したきっかけでした。僕たち原型師の仕事は、ジュエリーの最初のひとつを手づくりすること。そのひとつが何十万という商品のお手本になるから、いつも、これ以上のクオリティはないと思えるまでつくり続ける。でも、どこまでやっても、やるべきことが見つかる。ものづくりの仕事には、終わりはありません。