ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
  • WORKS
  • PEOPLE
  • COMPANY

ブランドの具現化。

商品企画が作成した企画から、ブランドコンセプト、お客のニーズ、また皆の頭の中にあるイメージなどをくみ取り、実際のジュエリーのカタチをデザインとして具現化していきます。デザインは、見た目の美しさでだけではなく、ひとつ1つ、コンマ何ミリまで正確に描いた図面を作成して、原型師へと伝えていきます。デザイナーが描いた画は、店頭でお客さまが目にするデザインの基本となるので、どうすれば一番美しいカタチになるのか、お客さまが身に着けているシーンも想像しながら、試作を積み重ねていきます。また、FDC PRODUCTSのデザイナーは、シーズン毎に発表するジュエリーを50個程度、同時にデザインします。店頭に並んだ時の全体の構成にも配慮して、いかに魅力的に見えるかをトータルで考えることも大切になります。沢山の人達から想いや情報を引き出し、伝え合う能力と、イメージを具現化する表現力が必要とされる仕事です。

INTERVIEW

三木 智美 グラフィツクデザイン科卒 / 2007年入社
心の中でも、輝くジュエリーを。
4℃ブランドのジュエリーデザインには、身に着けた人を輝かせる、「シンプルな美しさ」が求められています。デザイナーにとっては、「シンプル」なものほど難しい。私たちは、その美しさを導き出すために、日々、ひとつ1つ細部に至るまで、何度も画を描き直し精度を高めています。そうやって、出来上がったジュエリーだから、身に着けてくれている人を、街で見かけた時の喜びは、言葉になりません。私はお客さまに「毎日身に着けたい」、「ずっと大切にしたい」と思ってもらえる、心にも響くデザインを、これからも描いていきたいです。