ファッションアドバイザー

お客さまの一番の理解者

F.D.C. FRIENDSのファッションアドバイザーは「コンサルティングセールス」と呼ばれる独自の接客スタイルで、お客さまと向き合います。ただ商品をお勧めするのではなく丁寧に話をお伺いし、潜在的なご要望をひきだす。本当に必要とされている商品を提案し心から喜んでいただき、お客さまとの長く深い信頼関係を築いていく。ジュエリーという人の心と手に永く残る商品を主に扱うからこそ、お客さまの心に寄り添い想いを理解する、より丁寧で温かい接客を行うことが求められます。

INTERVIEW

特別な『出逢い』を育む

お二人の記念の品、大切な方への贈り物、自分へのご褒美など、4°Cは特別な瞬間に選ばれることの多いブランド。販売未経験から始めた私は最初は緊張もしました。でもお客さまと一緒に『運命の商品』を探し、出逢えた時の喜びは何にもかえがたい。キラキラと輝く商品とキラキラとしたお客さまの笑顔。毎日、幸せを育む私たちの仕事はとても、とても幸せな仕事だと思います。だからこそ私はもっと自分を磨いて、もっとお客さまに信頼して頂ける人になりたい。私との出逢いも、お客さまにとって特別な出逢いになれるように。

大城 さやか 2015年入社

店長

お店の魅力を育てる

ファッションアドバイザー、サブリーダー、副店長などを経験したのちに、店長として活躍していくケースが一般的です。店長は通常の接客の仕事に加え売上の分析、翌月の販売計画の立案、それに伴うスタッフのシフト管理、人員配置やOJTによる育成なども担います。お店の売上とスタッフの教育、両方の面での権限と責任を持ちます。また店頭でしか聞けないお客さまの声や、商品の反応などを次の商品開発に活かしてもらうために本部との情報共有も大切な役目です。

INTERVIEW

温かな記憶が生まれる場所

ジュエリーは買う人も贈る人も、大きな「想い」が詰まった商品。だからファッションアドバイザーの仕事は、ひとり1人のお客さまに心から寄り添い、商品と一緒に接客の温かな記憶も持ち帰っていただき「また、あの人から買いたい」思ってもらう事。それと同じ様に私は店長として、スタッフの皆からも「この人と働けてよかった。」「このお店で働けて良かった」と思ってもらえる事を目指しています。お客さまにとってもスタッフにとっても、このお店が温かさに溢れる場所になれたら、それが私の最高の喜びです。

柳川 千歳 2006年入社

エリア課長

お店とスタッフの伴走者

エリア課長の仕事は「ブランド」「お店」が、お客さまにとってより魅力的になるように働きかけること。具体的には、担当するエリア数店舗のお店の特徴を踏まえて接客のアドバイスやディスプレイの仕方、ファッションアドバイザー、店長たちの育成などを行い「人材」と「サービス」の面から、お店をサポートしていきます。お店が抱える課題の解決やブランドイメージの構築、販売戦略などにも関わるこの仕事は、お客さまとブランドを繋ぐ大切な役割を担っています。

INTERVIEW

ブランドがもっと輝くために

私は現在12店舗のマネージメントを行っています。店舗毎に立地、お客さまの層、お客さまの好みも異なるため、それぞれの「特徴」をどう引き出していくかを日々考えています。この時に私が大切にしているのは、各店の店長やスタッフと同じ目線になって一緒に考えること。私も実際に7年間お店に立っていたから、お店のスタッフの気持ちが良くわかるんです。お店も人と一緒でそれぞれがオリジナルの存在だから、みんなの考えを大切にしてブランドイメージを保ちながらも、それぞれが個性的に輝いてくれるようにサポートしていきたいと考えています。

佐藤 正子 2004年入社

トレーナー

販売のプロを育てる

トレーナーはファッションアドバイザーの接客のスキルアップのために、研修などを通して指導していく仕事。それぞれのキャリアに応じて必要になるビジネスマナーや、販売スキルなどを習得するお手伝いをしています。またF.D.C. FRIENDSでは、お客さまひとり1人のご要望を的確に引き出し、ご提案をしていくための「コンサルティングセールス」と呼ばれる独自の接客方法を用いています。このスキルを磨いていくことで、未経験の方でもプロの販売員へと育てていきます。

INTERVIEW

お客さまとスタッフの『心の満足』のために

商品のクオリティと同じようにおもてなしのクオリティを、もっともっと高めていきたいと考えています。お店に訪れるお客さまにモノの満足だけではなく、心の満足も提供していきたい。お客さまにひとりで選ぶより、よかったと思っていただくことがファッションアドバイザーの存在意義だから。「人に幸せを届ける」接客の仕事が、どれだけ素敵なのかをスタッフ自身にも、もっと知ってもらうために私たちトレーナーの仕事はあるんだと思います。仲間たちそれぞれが輝いて、この仕事を楽しんで長く続けてくれたら私も嬉しいです。

小畠 香織 1995年入社